ホーム > 健康 > 月経前症候群とオキシトシンの深い関係

月経前症候群とオキシトシンの深い関係

もちろん自覚症状のない人もいますが、月経のある女の人の内、ほぼ8割に何かしらの月経前の体調の不良の自覚があると言われています。

症状が現れる時期は人によってそれぞれで、排卵の時期から月経が始まるまで続く人もいれば、月経の間際に少しだけ違和感を覚える人もいるようです。

 

普段より食事の量が増えたり、いつもより甘いものを美味しいと思ったりします。月経期間は非常に体力を消耗してしまうので、体は前もって本能的に栄養を多く蓄えておこうと判断をすることに関係しています。

そして、特に甘いものが欲しくなる場合は、黄体ホルモンの働きにより、糖の代謝に変化が起き、血糖値が低下しがちになることと関連している可能性もあると言われています。不快な症状が出る月経前症候群は、食生活、運動、休息などの生活習慣が深いかかわりがあります。

 

 

調子の悪い時期には日々の生活の中でちょっとした修復を持続する必要があります。

身体が発するSOSを聞いて、悪い生活習慣を変えて自ら持っている自然治癒力を増加させましょう。世間には、スキンケアは必要無いという人がいます。

 

スキンケアを完全に排除して肌天然の保湿力を失わないようにするという原理です。では、メイク後はどうしたら良いでしょうか。

メイクを落とすためにクレンジングが必要になります。

 

 

 

クレンジングの後、肌を無防備にしておくと肌の乾燥が進んでしまいます。

 

週末だけとか、月に数回の肌断食はいいですが、肌とよく相談をして、スキンケアすることをお勧めします。

月経前症候群は、月経と密接な関連があり定期的なリズムで心や体に色々な不調が現れることをいいます。

 

症状は月経の2週間ほど前から現れ始め、排卵の後に黄体ホルモンが分泌されるタイミングと重なっていて、月経が始まると共に治っていきます。体に見られる症状は、吐き気や頭痛などの他にも色々あります。精神面にみられる状態としては、イライラや集中力が続かないなどもあります。

 

排卵後から月経が始まって7日ほどの期間は、愛情ホルモンと言われているオキシトシンの分泌が増え、精神的に落ち着く傾向が見られるようです。

しかしながらその一方で幸福感を高める作用のあるセロトニンの分泌量は月経前に減少し、オキシトシンの分泌量に対してセロトニンの減少量が大きくなると、月経前症候群のいろいろな症状が出ると考えられます。

 

腰痛や下腹部痛ですが、生理前症候群では痛みはその部分にとどまらず周辺にも伝わります。このため痛みというより重だるさを感じる人も少なくありません。

 

排卵後の体では、これから訪れる月経に備えて多くの血液が必要になります。そのことから、骨盤内に血液が停滞しやすくなり、腰が重く感じたり、下腹部が攣れたり痛みが出たりします。

 

正しいスキンケアを行うには自分の肌の状態を理解し、方法を使い分けることが大切です。かわらない方法で毎日の、お肌をお手入れすればいいわけではありません。

 

 

 

乾燥していると思ったらたっぷりとうるおいを与えたり、刺激の弱いケアを生理前にはおこない、強い刺激を避けるというように区別することがお肌のためなのです。春夏秋冬でお肌の状態も変化していきますから方法を使い分けることもお肌のためなのです。

 

スキンケアにおいては、肌を保湿することやマッサージをするといったことがまず重要視されます。

 

でも、内側からのスキンケアということが実はもっと重要なのです。

不規則な食事や睡眠、タバコを吸っていたりすると、どんなにいい化粧品を使っていても、肌の状態を悪化させる一方です。

食事等の生活習慣を改善することで、体の内部からのスキンケアにつながります。女性の中でオイルをスキンケアに取り入れる方も増加傾向にあります。普段のスキンケアにホホバオイルやアルガンオイルなどを取り入れることで、今よりさらに保湿力を上げることができるとされています。

オイルの種類を選ぶことによっても異なる効果が表れますので、適度な量の、自分のお肌に合ったオイルを活用するといいでしょう。

質が重要ですので、オイルを選ぶ際は、古いものは使わず、新鮮なものを使うようにしましょう。PMS対策に有効なサプリメントとは?


関連記事

  1. 注意点をおさえよう

    情報というのは今の時代、テレビや雑誌の他にも、インターネットなどで簡単で手軽に手...

  2. 月経前症候群とオキシトシンの深い関係

    もちろん自覚症状のない人もいますが、月経のある女の人の内、ほぼ8割に何かしらの月...